名入れタオル案内所

名入れタオルを使いこなそう!

26 6月
0Comments

名入れタオルを購入したことがあります。

私は友達の誕生日プレゼントとして、名入れタオルを購入したことがあります。名入れタオルは、インターネットの通販サイトで購入しました。名入れだと値段は高いと思いましたが、安く購入することができて良かったです。私の友達は、スポーツをよくします。スポーツが好きでタオルをよく使います。その為に世界で一つだけの名入れタオルをプレゼントしたいと思いました。友達にタオルをプレゼントすると、とても喜んでくれました。私は、友達が喜んでくれるものをプレゼントできてとても嬉しかったです。誰かに物をプレゼントする時に、品物を選ぶのは大変です。相手が気に入るものをプレゼントすることが必要です。一番大切なことは、お祝いしたいという気持ちだと思います。きちんと自分の気持ちを伝えて、プレゼントを渡すととても喜んでくれます。私は、プレゼントと一緒に手紙も渡すことが多いです。


名入れタオルをイベントの記念に

先日、とあるバンドのライブに行ったところ、名入れタオルを記念品として配っていました。バンドのグッズのタオルというと、もっと厚手でロゴなどが入ったものが多いのですが、この記念品のタオルはごく普通の、よく粗品などでもらうタイプのタオルでした。バンドのグッズと言うと普通かっこいいものばかりですから、この庶民的なタオルはもらったほうも新鮮な驚きがありました。安く制作できるそうで、質よりもたくさんの人に配りたかったのだそうです。普通のタオルの端のほうにバンドのロゴとそのイベントの日付、お世話になった人の名前などが入っていて、いい記念品でした。チープにはチープなのですが、そのチープさが逆に今の若い人には受けたようで、次の日にSNSなどでも話題になっていました。タオルの粗品は、こうやってわざと外した使い方ができるのでおすすめです。


名入れタオルはノシもつけてもらえる

名入れタオルをお願いしたら、ノシもつけてもらえるので、そのままお客さんに配れて便利です。粗品、お年賀、記念品、など、言葉も自由に選べることが多いです。ノシの下には会社名や個人名を入れることができます。業者によっては、ノシに自由にデザインできるところもあるようです。テンプレートもいくつか揃っているので選ぶだけでオリジナリティーのあるノシになります。でも、ノシはシンプルなほうがスマートだとも思います。伝統的な水引のデザインのついたノシは、いかにも粗品、いかにも記念品、という感じで、もらったほうも良い意味の安定感があります。もし、デザイナーさんなどで自信があるならともかく、子どもの写真や結婚式の写真をレイアウトしたノシはどうしても見栄えが悪くなります。粗品であり記念品なのですから、ノシもシンプルにすませるのがいいと思います。

 
No comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)