フランチャイズ案内所

フランチャイズについて詳しくなろう!

30 4月
0Comments

フランチャイズ加盟で独立開業するメリット

自分で開業したいと思っている方の多くがフランチャイズ加盟店のオーナーとして開業しています。業界に対して知識や経験がゼロでも本部が独立開業としてのノウハウを教えてくれて、様々なサポートをしてくれます。それだけでなく、ロゴデザインやブランドイメージなどをそのまま利用できるので、知名度のある企業では顧客の集客も期待できます。本来であれば店舗の名前やイメージを知ってもらう為には莫大な広告費や宣伝費用が必要とされますが、その費用も本部が全て負担してくれるのでご自身の負担は一切ありません。しかし、その反面売り上げアップの為にご自身の判断で販売価格などの変更はする事が出来ません。フランチャイズ本部の決定に従い、その判断に全てを委ねる事となります。しかし一見このデメリットとされる部分でも、初めて開業を行なう人にとってはメリットに繋がるのではないでしょうか。

フランチャイズチェーン店

フランチャイズとは、主にコンビニやファミリーレストランなどで使われているフランチャイズチェーンとして使われていることの多い事業方法で、本部と実際に営業を行っている店舗があり、本部では商品や営業を行っていくための知識やノウハウを教える代わりにロイヤリティーという料金を支払うことで、双方の関係が成り立っていて、知識やノウハウを教えてもらった店舗では知識やノウハウを生かして営業を行いことができ、本部では店舗から得ることのできるロイヤリティで新たな商品や技術を開発することができるので、どちらにとってもメリットとなることが多い事業形態となっています。フランチャイズチェーン店では、全国的に店舗の多い店舗であればあるほど、認知度が高くブランド力もあることから、開店を開始してからすぐにお客を確保することができるというメリットがあるので、リスクが少ない営業方法となっています。

コンビニというフランチャイズについて

フランチャイズという形を取ってビジネスをしているところ、と言われて真っ先に浮かぶのは、まずコンビニではないでしょうか。本部と呼ばれる会社から、それぞれの店のオーナーに対して細かく指示が出され、本部の方針に沿って商売をしていくやり方、それがフランチャイズです。この方法のメリットは、どうやって進めていけばよいかわからない事があっても、本部が指導してくれるため、理解しやすいということです。そのため、まったく畑違いの仕事から脱サラをし、コンビニ店主になる人が増えました。成功するかどうかは、立地条件や周辺環境によって変わりますから、誰もが本部の方針に従ってやっても儲かる商売ができるとは限りません。けれども、少なくとも誰か教えてくれる人がいて、ビジネスを軌道に乗せるのが早ければ、それはメリットだと言えます。

 
No comments

Place your comment

Please fill your data and comment below.
Name
Email
Website
Your comment
*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)